高校デビューがバレてバカにされたときの解決法|失敗して笑われるのを防ぐには?

高校デビューがバレてバカにされたときの解決法|失敗して笑われるのを防ぐには?

高校デビューで中学までの自分から生まれ変わって好きになれる自分になりたい!明るくて楽しめる自分になりたい!モテたい!と思うことは決して悪いことではありません。

しかし、そんな高校デビューを中学までの同級生にバラされて失敗してしまうことがあります。

高校デビューをバラされてバカにされたときの解決法を紹介します。

高校デビューをバラされる流れ

高校デビュー悪目立ちする卒アルや噂からバレる笑われる

これが最悪のルートです。

高校デビューしたことがバラされると、どんな陰口を言われているか想像するだけで、もう学校に行きたくなくなります

高校デビューはみんなすること

しかし安心して欲しいです。

高校生になると誰しも多少なり、高校デビューとしてメガネをコンタクトにしたり、ストパーをあててみたり、何かを変えようとします

あなただけが高校デビューをしようとしたわけでも、あなただけが世界で一人だけ高校デビューをバラされたわけでもありません。

変わりたい!変えたい!と思って努力することは普通のことで、すごく素敵なことです

かなり悪目立ちするほどのことをしていない限りは、バレたところで笑われることはありません。

どうなれば解決したことになるか?

多くの場合、バレてしまったところで特に問題にはならないことが多いです。

 

ただし、笑われることをそもそも防ぐにはバレてしまう前に手を打つしかありません。

また、バレてしまった後では、何もなかった関係に戻ることは絶対にできません

そのときは、できるだけ速やかに周囲が笑ってこないようにすることで解決したと思うしかありません。

 

では、段階別の高校デビューがバレたときの解決方法を紹介していきます。

まだバレていないときにする回避法

あなたは髪型をキメてみたり、化粧をしたりして新しい自分として高校デビューをしようとしている最中かもしれません。

あるいは、キャラを明るくして振舞っている最中で、あなたはまだバレていないと思っているかもしれません。

もしかすると周りの様子が何かおかしい、白い目で見られ始めていると察している状態かもしれませんね。

 

まだ周りがどう対応するかを決めかねているときであれば、あなたに今後の選択権があります

少なくともこのまま続けていけば、必ずやボロがでてしまうので何か変えるなり行動を起こすべきです。

きっぱりと明日からやめてしまう

髪型や服装など外見で高校デビューをしようとしている場合には実行しやすい解決方法の一つです。

あなた自身も今の外見を続けることに違和感を感じていて、何か周りの様子もおかしいぞと思い始めたなら、すぐにきっぱりとやめてしまうのがいいでしょう。

 

外見の変化は分かりやすいことなので、目立ってしまうのでは?と心配になるかもしれませんが、「飽きた」とか「なんか違うなーと思って」といえば納得されやすいです。

しかし、内面やキャラクターの急激な変化は悪目立ちしやすいです。

特に明るいキャラで振舞っていたのが突然根暗になってしまうのはオススメしません。

徐々にトーンダウンしていく

見た目を変えることよりも性格を修正していくほうが難易度は上がります

急に性格が変わると、それをネタにされやすくなります。

そして周りも気づかないように性格を少しずつ変えていくということは難しいです。

 

今の自分のキャラ設定に無理があると思っていて、徐々にトーンダウンしたいのなら、できるだけ今の自分を知っている人と会う時間を減らしましょう

昼休みや授業休みなどは、あまり自分のことを知られていない他のクラスに遊びにいくようにする、などですね。

徐々にトーンダウンしていくところを見せる努力をするより、時間に解決してもらうということです。

自分からカミングアウトしてバラす

できればこのままのキャラであったり見た目を続けたいときは勇気が必要ですが、これが一番の解決法です。

クラス全員に向けてカミングアウトする機会は難しいです。

それとなく友達に「中学までって今と変わらない性格だった?」と、あえて友達に聞いていき、その流れで「実は超ダサかった」と言って、今頑張って努力していることを告げてしまいましょう

頑張っている友達を応援してくれるものです

もし、やりすぎてしまっている時にはそれを指摘して教えてくれることもあります。

一番オススメの解決方法です。

バラされたときにしてはいけない間違った対応

なかなか面と向かって「こいつって中学までは~」などとクラスのみんながいる前でバラしてくる奴は滅多にありません。

大抵の場合、そうやってバラそうとする奴が引かれます。

 

ただし、たまーに人の過去をバラすことに快感を覚える奴がいるのも事実です。

そうした機会に巡りあえたときには怒ってはいけません。

怒るのは相手の思う壺です。

 

そんな奴に対しては開き直って、変わろうと努力していた自分をカミングアウトしてしまうことです。

「ダサかった自分を変えたかった」とか「暗かった自分が嫌で、変えたかった」と(どちらかといえば、周りにいる人たちに向けて)伝えてしまいましょう。

そして、「やりすぎちゃってた?ごめんね、がんばって変わりたくってさ。どうすればいいと思う?」と続けましょう。

バラそうとした奴は「知るかボケ」みたいなことを言ってきますが、反論してくるなんて想定していないので居心地が悪くなるのは向こうです。

そのまま教室に居続けてやりましょう。

 

大なり小なり違いはありますが、みんな少しは高校デビューをしようとしています。

頑張って努力をしようとしていて、方向性が悪いと知った時には謝ってどうしたらいいかを聞くことができる人間に嫌なことをする奴はなかなかいません

 

ちなみにバラされたときに無視をしてもいいですが、反応に困っている様子をおもしろがってくる奴もいます。

できれば、変わろうとしている自分をカミングアウトして受け入れて立ち向かうほうがいいでしょう。

噂を流されてバレた後にできる解決法

噂になって話が広まった時には少し対応が遅れてしまいます。

 

ここで考えられる選択肢は二つあります。

一つは無視を続けることです。

人の噂も七十五日、耐え忍んでいれば忘れてくれるかもしれません。

しかし、その保証もありません。

噂を回してまでバラしたがるやつは相当性格がひねくれているので、耐えている間に尾ひれをつけてくることもあります。

 

できれば耐え忍ぶのではなく、面倒ですがやはり立ち向かうべきでしょう。

ただ、笑ってくる奴がいる以上はバラされたときと同じように対応すればいいです。

毅然とした態度で笑ってくる奴に対して「ダサい自分を変えたかったんだ、何か悪い?」と言ってやりましょう。

そして「やりすぎてて気持ち悪く思わせてしまったならごめんね、どうしていけばいいと思う?」と。

まとめ:高校デビューがバレてバカにされたときの解決法|失敗して笑われるのを防ぐには?

高校デビューはみんなすること!

変わりたい!変えたい!と思って努力することは普通のことで、すごく素敵なことです。

かなり悪目立ちしない限りは、バレたところで笑われることはありません。

まだバレていないときにする回避法

 きっぱりと明日からやめてしまう

 徐々にトーンダウンしていく

 自分からカミングアウトしてバラす

バラされたときにしてはいけない間違った対応

怒るのは相手の思う壺です。開き直って、変わろうと努力していた自分をカミングアウトしてしまうことです。バラされたときに無視をしてもいいですが、反応に困っている様子をおもしろがってくる奴もいます。

噂を流されてバレた後にできる解決法

一つは無視を続けることです。人の噂も七十五日、耐え忍んでいれば忘れてくれるかもしれません。

もう一つは毅然とした態度で笑ってくる奴に対して「ダサい自分を変えたかったんだ、何か悪い?」と言ってやりましょう。

 

変わろうとすることは決して悪いことではありません!