高校の友達作りに失敗したときのやり直すコツ|グループを抜けるときのポイント

高校の友達作りに失敗したときのやり直すコツ|グループを抜けるときのポイント

高校進学で新しい友達作りを頑張ろう!と思っていたのに、友達作りに失敗・・・

友達選びを間違えてしまうことがあります。

今回は友達作りに失敗したときのやり直すためのコツグループを抜けるときのポイントをご紹介します。

高校の友達作りで失敗する原因

中学までと違い、新しい人間関係やクラスの人気者が集まるグループに所属してみたいという憧れからいつもとは違うグループに入ってみました。

しかし恋愛の話や誰かの陰口など、グループによってさまざまですがあなたにとって全く楽しいと思えない話題ばかりしていることがあります。

 

あるいはいつも通りの趣味の合いそうなグループだと思っていたのに何か違うな・・・と思うこともあるでしょう。

少しずつそうした違和感は周囲に伝わっていき、周囲からも距離を置かれる原因になります

居づらくなったまま放っておくとどうなる?

「合わないな」という思いが強くなり始めたなら、そのまま放っておいてもいい方向に行くことはありません

グループのメンバーも、「我慢して一緒にいる子がいる」よりはみんな納得して楽しめている方が楽しいです。

周囲があなたの違和感に気づいてしまうと、自然と距離を置かれるか多くの場合は無視されたりいじめの標的にされてしまうことがあります。

 

もしも、合わないなという気持ちよりも、自分を変えてでも一緒にいたい!という気持ちが勝つなら、がんばって仲良くしようとか、話題を心から楽しもうと努力をしていきましょう。

 

また、グループを抜けたときに報復をされる可能性があります。

それに耐えられないなら、嫌々ながらも我慢するのも一つの手です。

グループを抜けるときに注意すること

合わない気持ちが揺るぎない場合、グループを抜けることになります。

去る者をなんとも思わないグループもあれば、去る者を決して許さないグループもいます。

 

抜けられた側は少なからず、自分たちのグループを否定された気持ちになります。

抜けたあなたをどうでもいいと思う気持ちよりも、自分たちが否定され傷つけられた気持ちが上回れば、あらぬ噂を立てられたり、何か報復を受ける可能性があります。

ここは、今までの付き合いでグループのメンバーがどういうタイプなのか?を把握しておくとよいでしょう。

噂を流されたり報復されないためにできること

一定期間一人でいる

もしあなたが属していたグループが嫉妬に燃える去る者を決して許さないタイプだった場合、すぐにあなたが別のグループに入ろうとすると、噂を流されたり報復してくる可能性があります。

そこで、半月~1ヶ月程度どのグループにも所属しないで一人でいてから新しいグループを探すと報復される可能性が下がります。

グループ内に親しい人間がいる場合は根回しをする

もし、グループ内に親しい友人がいるのなら、抜けようか悩んでいるいることを先に伝えておくとトラブルを避けやすくなります。

突然抜けられるよりは、事前に話をそれとなくしておくことで、ショックが和らぎます

 

とはいえ、たかだか高校の友達づきあいのグループ選びでこれほど神経をすり減らす必要があるの?と思ってしまいますよね。

そんな人は何も気にせず抜けてしまいましょう

そしてもし、トラブルが起きた場合に対処すると決めてしまえばいいのです。

噂を流されたり報復されたときにできること

では、実際に噂を流されたり報復をされたときにどうすべきなのか?です。

何をされても耐え忍ぶ

新しいグループには属せており、前のグループのメンバーからすれ違いざまに何か言われるぐらいなら耐え忍ぶのも一つの方法でしょう。

少なくとも今いる新しいグループに満足できているなら、あえて火の粉をかぶる必要はないでしょう。

面と向かって言う

耐え忍ぶことに耐えられない場合です。

噂の発端や悪口を言ってくる人が分かっているなら、面と向かって「なにがしたいの?」とはっきり言ってしまうのもアリです。

言うときは毅然とした態度で接してください。

向こうはあなたが何も言い返してこないからストレスのはけ口としてあなたを利用しています。

 

新しいグループに属することができているのなら、一対一で話をするのもいいでしょう。

もし新しいグループに属せていないのなら、できるだけ周囲の目線がある環境で話をするといいでしょう。

たとえ話が上手くまとまらなくても、毅然と立ち向かうあなたの姿を見て友達になりたいと思ってくれる人が現れます。

さらに新しいグループを探す

噂を流され、新しいグループのメンバーもそれを信じてあなたと距離を置きだし、その説得にも失敗した場合は、さらに新たなグループを探すことになります。

大変な旅になりますが、そうして出会えた友達はあなたへの噂に流されない真の友達となってくれる人たちかもしれません。

新しいグループに入るときのポイント

新しいグループを探して入ることは勇気のいることです。

しかし意外と周囲の人間はあなたのことを見ていません

あまり気にせずに、自分に合いそうなグループはないかアタックしていきましょう。

 

もちろんそのグループのメンバーの中には、あなたが新しくグループに入ることを嫌がる人もいます。

そんなときは、あからさまにあなたに嫌悪感を示している人に関わっていきましょう

いっそ「私を嫌うあなたにこそ私は好かれたい!」という気持ちを伝えるぐらいのノリでアプローチをしてみましょう。

まとめ:高校の友達作りに失敗したときのやり直すコツ|グループを抜けるときのポイント

高校の友達作りで失敗する原因

いつもとは違うグループに入ると失敗することがあります。

いつも通りの趣味の合いそうなグループだと思っていても合わないこともあります。

居づらくなったまま放っておくとどうなる?

「合わないな」という思いが強くなり始めたなら、そのまま放っておいてもいい方向に行くことはありません。

ただし、グループを抜けたときに報復をされる可能性があり、それに耐えられないなら、我慢するのも一つの手です。

グループを抜けるときに注意すること

あなたが抜けることで「自分たちのグループを否定された気持ち」になり、あらぬ噂を立てられたり、何か報復を受ける可能性があります。

噂を流されたり報復されないためにできること

 一定期間一人でいる

 グループ内に親しい人間がいる場合は根回しをする

噂を流されたり報復されたときにできること

 何をされても耐え忍ぶ

 面と向かって言う

 さらに新しいグループを探す

新しいグループに入るときのポイント

意外と周囲の人間はあなたのことを見ていません。あまり気にせずに、自分に合いそうなグループはないかアタックしていきましょう。