遠距離恋愛でラインやメールが続かないときのネタ|国際恋愛の会話が続かなくなる理由

遠距離恋愛でラインやメールが続かないときのネタ|国際恋愛の会話が続かなくなる理由

なんとか会話を続けたい

でもネタがない

別に話したくない訳ではない

遠距離恋愛や国際恋愛をしているときの会話ネタと会話が続かなくなってしまう理由をご紹介します。

遠距離恋愛や国際恋愛の会話が続かなくなる理由は?

気持ちが冷めてしまったわけでも、他に好きな人ができたわけでもない。

ただ、何を話せば良いのか分からなくなってしまいます。

無言の時間も共有できるのが本当のカップルなんて言われることもありますが、会えていない電話だけとかメールだけとか、そんな状態で無言はしんどいですよね。

大体のことは言わなくても分かってしまう

以前は何を話そうかと常にワクワクしていて、話すたびに相手の新しい知らなかったことが分かって楽しく思えていました。

でも、一通り相手のことを聞かなくても言わなくてもなんとなく分かってしまいます

そうすると、「どうやって会話を続けようか・・・?」という楽しみというよりも義務感が強くなってきます。

一つだけ確かなことは、自然に任せてここで会話を続けようとしなければ、この関係が終わってしまうだろうということ。

同じ空間を共有できないことのデメリット

普通のカップルは少なくとも週に一度ぐらいはどこかに一緒に出かけたり、デートすることができます。

どうしてもラインやメールや電話、スカイプでやりとりできる話は昔のことになってしまいがちです。

今のことや新しいことを聞いても、同じものを見たり聞いたり触れたりしていないから、どうしてもリアルに気持ちを共有できない

7年間国際恋愛を続けていてこの点はすごく大きなデメリットで、できるだけ早く一緒に住める環境を整えるしかないと感じました。

技術が発達すれば、遠くに住んでいても同じものを見たり感じたりすることも簡単になるかもしれませんが、それでも違うんじゃないかな?と思います。

会えないことはやっぱり辛いです。

遠距離恋愛や国際恋愛の会話が続かなくなった時に見直すべきこと

会話ネタをご紹介する前に、一つ大事なことがあります。

付き合い始めの頃は、電話やメールやライン、スカイプをすることに一生懸命だったと思います。

それもある程度期間が経っていくと、「ながら作業」になっていませんか?

映画を見ながら、テレビを見ながら、・・・。

このときのメインが相手との会話ならまだ大丈夫です。

これが、映画やテレビを見るときについでに相手と会話している状態になっていることがあります。

別に悪気はないのですが会うことができない以上、こうしたコミュニケーションの機会を大切にしようとする気持ちからすべて始まると思いました。

あなたにも心当たりがあるならば、どうか見直してください。

壊れた関係はあとからは取り戻せません。

遠距離恋愛でラインやメールが続くなったときのネタ

「会話ネタがない」といっそ打ち明けてしまう

注意点としては、真剣な空気になってしまいます。

今まで築き上げた関係性がどれほどかによって方向性は千差万別。

中途半端に持ち出すと相手によっては「別れ話か」を受け取られるだけです。

相手の人間性をよく理解した上で空気作りに注意して、話を持ち出すとお互いの不満を解消できることがあります

意外と向こうも「実は同じように悩んでいた」なんてこともザラです。

また、話し始めると結構な時間を要するのでお互いの予定にも注意。

あとのスケジュールが詰まっているのに小ネタとして利用すると、話をぶった切ったが最後・・・。

なんてこともあり得ます。

次にどこに行きたいか?

旅行によく行ったり、旅行を趣味として持っていたりするならいいです。

夢が膨らみます。

一人で行くとしたら?二人で行くとしたら?夏に行くとしたら?などと、色なシチュエーションを決めて話をすると盛り上がります。

ケータイやパソコンで生きたい場所の画像やホームページを調べて見せ合うといいです。

漠然と旅行計画というよりも場所や時期、人数、予算に制限をかけると妄想トークが広がります。

もしそこで、一緒に行きたいなーと思うものがあれば記憶の中にメモしておきましょう。

何気ない会話の中で出てきた希望や理想を覚えていて、いつかそれが叶えられたときにけっこう喜んでもらえますよ。

週末の予定は?

週末限定ではなく、楽しみにしている休みの過ごし方です。

仕事に忙殺されていたり、学校が忙しかったりして疲れているときに、

「今度の休みっていつ?何か予定ってあるの?」

と振ります。

多くの場合は忙しすぎてそんな予定はないと突き返されます。

そんなときは、「じゃあ、行ってみたいところは?」と話を広げたり、「こんなことをして気分転換しない?」とこちらから相手の興味があって気分が上がりそうな場所やものを提案します。

疲れているときほど会話が疎かになります。

そういうときほど殺伐としていて、お互いを傷つけることが多くなります。

・・・いっそ関係が壊れてしまうくらいなら、忙しくて気を遣えないときは会話を控えることも選択肢としてアリかもしれません。

 

ただ、できればそんなときほど相手を気遣えるようにありたいですよね。

それに距離を置くというのは多くの場合、

あなたがいない方が私の生活は充実している

という受け取り方をお互いにしてしまいます。

安易に「距離を置こう」とは言わないこと。

最近観ているドラマ、映画、アニメ

娯楽メディアは便利なツールです。

話題にしたときにその都度新しいものが流行っています

繰り返し利用しても「それって前も話した」となりにくい点が最大のメリットです。

ただし、すでにお互いの趣味を熟知していたり、忙しく観る余裕がなさそうなら、話の振り方を工夫しなければなりません。

場合によっては「新しい作品で面白いものはない」とか「見てる暇がないから知らない」と言われて一瞬で話が終わってしまうことになります。

相手が好きそうなジャンルの作品を事前に観ておき、こちらから提案することもアリです。

その際、「フツー」といったネガティブな解答が返ってくることも十分考慮しておくこと。

相手のことを思って行動したのに、受け入れられなかったときのショックは大きいですからね・・・。

最近聞いている音楽は?

ドラマや映画と違い、流行りのものを追うかどうかが人によって大きく別れます。

ただ、一度好みを知ってしまえばそこからブレることはあまりない鉄板のネタにもなるのでアリです。

新しい曲が出たとか、ライブがもうすぐだねとか、なんでこのバンドが好きなの?とか、好きな歌詞は?・・・とか思い出深いエピソードがきっとあるので、曲ごとにとか季節ごとにとかテーマを決めて聞いてみると相手の思い出や感情をよく知れます。

次の季節のファッション・ネイル

多くの場合、常に次の季節のファッションアイテムに意識を向けていたり、買い物に行っていたりします。

アドバイスや口出しはする必要はありませんが、相手が気を遣っていることを気がついているとアピールしているかどうかは重要です。

せっかく手に入れたトレンドアイテムやお気に入りの髪型なのに、何も言ってくれないのはさびしいものです

話のネタであるだけでなく、ちゃんと見てくれている人という評価にもつながり、関係をよりよくするきっかけにもなります。

今ハマっていること

趣味でも良いですし、場所でも良いし、食べ物でも良いです。

少しフリージャンル気味に聞いてみると今まで聞いたことのない相手の新しい一面と出会うことができます。

あんまり漠然とした質問が苦手な人の場合、ある程度こちらから「自分だったら〜」という例をしてみてもいいです。

友達の間で流行っていること

友達同士だけで分かり合えるようなゲームであったり、口癖であったり、友達との交流のためにどんなことをしているのか?を知ることができます。

できるだけ内輪ネタのところを踏み込んで聞いてみると面白いし、相手も日頃話し慣れていない話題を振られたことに新鮮さを感じます。

 

念のため気をつけたいのが、相手の交友関係の状態です。

もしかすると今、喧嘩をしていたりちょっとしたトラブルに巻き込まれていたりするかもしれません。

ただ、それはそれで相手が相談をしてくれる機会になるかもしれません。

その場合は、しっかりと話を聞いて相手の支えになりましょう。

将来のことについて

二人の将来のことはもちろん、彼氏彼女自身が夢として抱いていることを聞いてみるのも楽しいものです。

今は諦めているけれど、本当はしたいこと。

小さい頃に抱いていた諦めてしまった夢・・・。

なにがきっかけでそれらに興味を持ったのか

そうして記憶した相手の夢を一緒に叶えていけるような人間でありたいですね。

仕事や学校の悩み

悩みを打ち明けることに慣れている人もいれば、職務上の事情であったり、単純に打ち明けて頼ってしまうことができない人・苦手な人もいます。

相手によっては全く使えないネタであることもあります。

もし、仕事や学校の悩みを打ち明けてくれたときには、相手の気持ちになって真剣に受け止めましょう。

打ち明け話をするのは勇気がいるものです。

せっかく話したのに上から目線であったり、少しでも相手が「話すんじゃなかった」と思わせるような行動・態度や発言をしてはいけません

心理テスト

あくまでゲームをしているという感覚をお互いに持つこと。

良い結果が出ることもあれば、相手に知られると嫌な結果が出てしまうこともあります。

それらも心理テストを一緒に楽しむ醍醐味です。

一番盛り上がれるのは、ブラックな恋愛心理テストをするのがオススメです。

嫌な結果が出たときにどんな風に空気をよくするか?というのも楽しみの一つです。

改めてプロフィールおさらい

付き合ってから数年が経ったころに改めてお互いのプロフィールを聞き合う。

見知ったはずと思って、クイズ形式なんかにしても良いかも知れません。

好きな色はこれだよね?こんなファッションが好きだよね?・・・と行った感じで。

相手に質問を考えてもらうのも楽しいですよ。

情報の更新もできますし、うっかり忘れてしまっている相手が覚えていてほしい、分かっていてほしいことが分かることもあります。

相手の趣味で自分が興味がないことをやる

趣味を共有する。

できる場合もあれば、全くかけ離れていて価値観が合わないこともあります。

この辺りは本当に難しい問題です。

共有できる趣味とそうでないお互いの趣味を線引きしたところを、たまに崩してみましょう。

踏み込まないと決めた相手の趣味も、時間が経てば意外と受け入れやすいものかもしれません。

それに、愛する人のことならば、全てを理解して全てを愛したいものです。

嫌な顔をして距離を取ってしまう前に、まずはフラットな気持ちでやってみましょう。

 

まとめ:遠距離恋愛でラインやメールが続くなったときのネタ|国際恋愛の会話が続かなくなる理由

遠距離恋愛や国際恋愛の会話が続かなくなる理由は?

付き合いが長くなると大体のことは言わなくても分かってしまって口数が減りやすくなります。同じ空間を共有できないので新しい新鮮な会話ネタがなくなりやすいです。できるだけ早く一緒に住める環境を整えるしかありません。

遠距離恋愛や国際恋愛の会話が続かなくなった時に見直すべきこと

相手との会話が「ながら作業」になっていませんか?映画やテレビを見るときについでに相手と会話している状態になっているなら気をつけましょう。

遠距離恋愛でラインやメールが続くなったときのネタ

1 「会話ネタがない」といっそ打ち明けてしまう。

2 次にどこに行きたいか?

3 週末の予定は?

4 最近観ているドラマ、映画、アニメ

5 最近聞いている音楽は?

6 次の季節のファッション・ネイル

7 今ハマっていること

8 友達の間で流行っていること

9 将来のことについて

10 仕事や学校の悩み

11 心理テスト

12 改めてプロフィールおさらい

13 相手の趣味で自分が興味がないことをやる

 

今まで自分がやってきた会話ネタを挙げてみました。

すぐに会えない、触れられないのは辛いです。

どうしても言葉や文字の情報が全てになってしまって、会っていればこんなことで問題にはならないのに・・・ということが起こりやすくなります。

丁寧に相手の心に気を配って関係を続けていきましょう。