サブスクリプションの問題点|失敗事例で学ぶサービスの正しい使い方と付き合い方

サブスクリプションの問題点|失敗事例で学ぶサービスの正しい使い方と付き合い方

「ファッションもサブスク」というCMも流れており、なんとなく理解をしている人の多いサブスクリプション

サブスクリプションとはどういったもので、使う上でどんな問題点があるのか?

私の失敗事例も踏まえて正しい使い方を説明します。

サブスクリプションとは?

サブスクリプション(subscription)とは購読のことを指します。

定期購読というとイメージがつかみやすいかもしれません。

新聞の定期購読のように古くから行われてきた商品・サービスの支払い方法です。

 

サブスクリプションの他に、私たちの身の回りに多い支払い方法は「買い切り型」と呼ばれるものです。

買い切り型とサブスクリプション型

買い切り型商品そのものを買い、所有する権利を手に入れます。

スーパーなどで野菜を買ったりする、ごく一般的な買い物の形です。

 

それに対し、サブスクリプション型商品そのものではなく、一定期間利用する権利を手に入れます。

サブスクリプション型はネット上で提供されるサービスに多く取り入れられています。

例えば、

ウィルス対策ソフトやOSソフトなどを買い切ろうとすると10万円とか高額になるけれど、1ヶ月購読だと2000円から始められてお得ですよ。

という感じの売り出し方がされています。

所有欲から使用欲へ

ネットが普及したことで、ありとあらゆる形のない情報をすぐに手に入れられるようになりました。

そうした形はないけれど価値のあったものの代表例が音楽やドラマなどの動画です。

音楽ならSpotifyやApple Music、動画ならNetflixやHuluにAmazonプライム・ビデオなどがあります。

一度契約すれば、その期間は聴き放題・見放題というのがこうしたサブスクリプション型の特徴です。

今では「同じお金を払うのなら、一枚のCDを買うよりも手元には残らなくとも使い放題」のほうが好まれています。

サブスクリプションの問題点とは?

少額で始められるため、合わなければやめればいいと思って契約を気軽にできるというところがサブスクリプションのいいところですが、注意しなければいけない問題点があります。

知らない間に払い続けることになる

そしてこれらのサブスクリプション型を後押しするのがクレジット決済やキャリア決済、ID決済といったお金を直接払った感覚の薄い決済方法です。

1ヶ月の利用料が安いことと、お金を支払った感覚の薄い決済方法により、「これぐらいの金額なら初めてもいいかー。すぐに止めればいいし」と決断しやすくさせます。

 

そして、私たち利用する側にとってサブスクリプション型の最大の問題点は自動更新・自動延長システムです。

契約を一度した時点で自動的に次の月も、次の年も更新延長されるようになっています。

このシステムによって、利用をやめたとしても口座からガンガンお金が減っていくことになります。

たとえあなたが病気で入院したり、事故で亡くなったとしても解約しない限りは口座からお金が尽きるまで永久に搾り取られます

10年間支払いに気づかなかった体験談

私はウィルス対策ソフトをクレジット決済し、自動更新になっていることを知らずにそのパソコンを処分したために、10年間使用料を払わされ続けるという失敗をしてしまいました。

更新メールが毎年届いていたそうですが、もちろん見る手段もないので知る由もありませんでした。

使っていないのに請求されて、返金もされないなんて詐欺じゃないか?」と思われるかもしれませんが、契約書類にすごく小さな文字ですが確かに書かれています。

そのことを承知せずに契約してしまった私たちが悪いのです。

 

これからますますサブスクリプション型の商品は増えていくでしょう。もしかすると、スーパーやコンビニで食品を買うことすらも。

では、どのような対策をすれば気づかぬ支払いで失敗しない使い方ができるのでしょうか?

サブスクリプションの問題点を踏まえた使い方と付き合い方とは?

サブスクリプションを契約する前に気をつけてほしいことと、契約後に気をつけることに分けて紹介します。

契約前に気をつけること

契約書の自動更新・自動延長の項目は必ず確認する

契約書は本来すべての内容をよく読んだ上で契約すべきものです。

ただし、多くの人がしっかりと読みもせず「きっと大丈夫だろう」と思ってすぐに契約してしまいます。

どうしても読みたくないというのなら、最低限自動更新・自動延長の項目だけはしっかりと呼んでください。

また、有名ブランドのサービスなら大丈夫だろうと過信しすぎないようにしましょう。契約書を読まずに契約したあなたが悪いのです。

解約方法はすぐに分かるか?

契約書の項目はもちろん、ホームページやアプリの画面などに「解約方法・退会方法を明示しているか?」は重要です。

どれだけ優れた商品・サービスでもいつかはやめる時が来ます。

会社によってやめにくい契約内容(違約金など)や解約方法を分かりにくくし、解約を面倒に思わせて継続させるものがあります。

通知が必ず届くアドレスで登録する

自動更新・自動延長の際に多くは更新メールが送られてきます

郵便や電話で更新確認がされることはありません。

無駄な支払いをしないためにも更新メールが必ず届くアドレスで登録しましょう。

以前は無料メールアドレスが信用できないと言われていましたが、ケータイキャリアのアドレス(ezweb~やdocomo.~など)やインターネットプロバイダのアドレス(biglobe~やnifty~など)と違い、MNPで他のキャリアに移っても、ネットのプロバイダを変更しても存在し続けてくれるます。

オススメはGoogleのgmailです。

契約後に気をつけること

クレジットの明細を毎月チェックする

結局はこれに尽きるのではないでしょうか。

メールアカウントの確認は、アドレスの変更やパソコンを処分してしまい確認できなくなることもあります。

だからこそ最終確認の方法として、クレジットの明細を一つ一つ払った記憶があるかどうか注意深くチェックするしかありません。

せめて半年や1年に一回はチェックするようにしましょう。

使用するクレジットカードを一つにまとめる

とはいえ、いちいち明細をチェックするのはめんどうです。

少しでも確認の手間を省略するには使用するクレジットカードを分散させないで、できれば一つにまとめることです。

複数のクレジットカードだと明細が届く日がバラバラです。

ひと月に何度も明細をチェックするのは大変なので長続きしません。

チェックする日を設定してもいいですが、返金期間の関係もあるのでずらすのは得策ではありません。

まとめ:サブスクリプションの問題点|失敗事例で学ぶサービスの正しい使い方と付き合い方

サブスクリプションとは?買い切りとの違いは?

サブスクリプション(subscription)とは購読のことを指します。

買い切り型は商品そのものを買い、所有する権利を手に入れます。

サブスクリプション型は商品そのものではなく、一定期間利用する権利を手に入れます。

サブスクリプション型はネット上で提供されるサービスに多く取り入れられています。

サブスクリプションの問題点とは?

サブスクリプション型は1ヶ月の利用料が安くお金を支払った感覚の薄い決済方法が契約しやすくさせます。

契約を一度した時点で自動的に次の月も、次の年も更新延長されるようになっています。

解約しない限りは口座からお金が尽きるまで永久に搾り取られます。

サブスクリプションの問題点を踏まえた使い方と付き合い方とは?

1 契約書の自動更新・自動延長の項目は必ず確認する

2 解約方法を理解しておく

3 通知が必ず届くアドレスで登録する

4 クレジットの明細を毎月チェックする

5 使用するクレジットカードを一つにまとめる

 

サブスクリプションが怖いと思ったのなら

サブスクリプションは問題点もありますが、使い方をしっかり分かっていれば上手く付き合っていくことができます。

しかし、どうしても不安な場合はサブスクリプションを利用しないことも一つの手ではあります。

あるいは、クレジット決済だと自動更新・自動延長されてしまうことになるので、ほかの決済方法としてコンビニ振込を選択することがリスクを減らす方法として挙げられます。